簡単!家庭でできる壁面緑化で暑い夏をのりきろう


壁面緑化がもたらす効果

壁面緑化と言えば阪神甲子園球場の蔦が有名ですよね。公式サイトによればヒートアイランド現象の緩和に一役買っているそうです。

冷房に頼ってばかりでは電気代もバカにならないし、冷房で体を冷やしすぎたことにより体調不良に陥る可能性もあります。本格的な壁面緑化はなかなか難しいとしても、家庭で簡単にできる壁面緑化、緑のカーテンに挑戦してみませんか。

照りつける日光を遮り、室内の温度上昇を防ぐことで、冷房を強くせずとも涼しく過ごすことができます。その分節電省エネ効果もあり、家計にとってはありがたいですよね。ブラインドやカーテンで遮光するよりもほど良い明るさが期待でき、外から室内をのぞかれることも防げます。また比較的暑くない日に窓からの風でしのいでいたら、思わぬ夕立で窓から雨が降りこんでしまったというのもよくあること。緑のカーテンがあれば雨が降りこむのを軽減してくれます。

お家でも難しくない緑のカーテン

簡単でなじみのある植物は朝顔です。小学生の時に朝顔の観察日記で育てた経験はありませんか。家の外側に直接種をまく土地がなくとも、プランター、支柱またはネットなどを用意すれば簡単に始めることができます。成長が早く背の高いひまわりもお勧めです。美しい見た目も楽しめ、暑さをはらう癒しとなることでしょう。

きゅうりやゴーヤなどは一般的にもよく知られているのではないでしょうか。夏野菜は体も冷やす効果もあるうえに、献立の一品として節約できるというまさに一石二鳥の緑のカーテンです。意外と面白いのがヘチマで、料理してもあっさりおいしく、ヘチマ水やたわしとしても利用できますよ。

メリットの多い緑のカーテン、この夏検討してみてはいかがでしょうか。

壁面緑化を実行すると、お部屋の温度が上がるのを抑えてくれますから、夏の冷房代を抑えるのに効果的です。