アンティーク家具とはどうやって選べば良いか


アンティーク家具の魅力

国民的な人気がある低価格系家具店のオリジナル商品とは、デザインを追求すると価格が高くなってしまうため非常にシンプルなデザインに仕上がっています。それに比べて、欧州などで実際に使われていたものを輸入したアンティーク家具の中には、欧米の映画や絵本などに登場するような迫力・趣がある家具が当たり前のように存在します。そして、そういったものをどんどん揃えていくと、部屋の雰囲気を大きく変えることができる事が可能です。

どんな場所で買ったらいいか

近年インターネットがますます発達し、アンティーク家具を専門的に扱っているような通販サイトも出てきている状況です。ただし、海外で使用されていたアンティーク家具の中には写真ではわからない小さな傷があるような場合があります。また、写真ではわからないものの実際に触ってみたらグラグラしていて壊れそうな家具だったということがないように、面倒でも実店舗まで足を運んで買うことをお勧めします。もし、近くにアンティーク家具店がなくて通販で買うしかないよう場合は、返品に柔軟に対応してもらえるサイトを利用することが重要です。

おすすめのアンティーク家具

アンティーク家具を買う上で、強度に心配がある場合は、イスやソファのような強い負荷がかかる商品は買わない方がおすすめです。一方、おすすめなのは、西洋映画に出てくるようなクローゼット・チェスト・キャビネットなどの入れ物系家具です。また、テーブルは椅子と比べれば負荷は小さいため、部屋の中でとても目立つテーブルをアンティーク家具に替えてみるのもおすすめです。その他、照明器具も家具に含めると映画に出てくるようなシャンデリアを買って部屋に装着すると、部屋の印象を大きく変えられます。

アンティーク(antique)」とは、フランス語で「骨董品」、あるいは「古代の」という意味です。アンティーク家具は、レトロでおしゃれなイメージがあります。